ヘルメットデカールの作り方

型を作るためのラインテープを引く

ラインテープの間隔を空けながら型紙を貼っていきます。

型紙をスキャンし、それに合わせてデザインをしていきます。

※スキャンの写真は撮り忘れました…

デザインが決まったら印刷するためのデータを作ります。

全日本MXでも多数の実績を誇るウランコアデザインズさんに印刷をお願いしました。

こんな感じで仕上がります。色もモニター通りでお客様も大変喜んでいました。ウランさんありがとうございます。

忍耐勝負の貼り作業

石鹸水を作って水貼りしていきます。とても柔らかい素材なので貼るのは楽でした。位置合わせも寸法通りです。

全て手作りでやってます。まだ一例だけですがこんな感じで作ってます。

最初にラインテープで各部品デカールの間隔をとっているので、合わせ面もキレイに仕上がっています。

ヘルメットデカールは塗装と違って剥がすことができます。部分的に貼り変えることもできます。例えば、レースをしている方でヘルメットにゼッケンを貼っている方であればナンバーの変更毎に貼り替えることもできます。また、ヘルメット保護になりますのでキズからヘルメットを守ってくれます。

気になった方はぜひ、LEAF TECKのページをご覧ください。ここで販売しています。

よかったらシェアしてね!